田町アイシークリニックの血液検査で【免疫力】を調べてきました~後編~

こんにちは、飯田です。

田町アイシークリニックで免疫力を調べてきた記事の後編です。

前編はこちら→血液検査で赤血球の質を電子顕微鏡で見せてもらった

 

さて、採血から2週間後、改めて田町アイシークリニックに伺い、

検査結果を聞いてまいりました。

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力7

こちらの血液検査報告というB5のファイルに、

各項目について、かわいいイラスト付きで、わかりやすく

載せていただいています。

 

検査結果というと、普通は数字の羅列だけで、

基準値と外れているかどうかくらいしかわかりませんよね?

 

こちらでは、子供でもわかるくらい簡単に、項目の意味や

数値の大きさの意味がわかるように教えて頂けます。

 

結果説明をしてくださるのは、ジェントルマン野口院長。

田町アイシークリニック 野口勇人院長

基本的な身長、体重、体脂肪、BMIに始まり、

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力8 血液型

血液、肝臓、腎臓、肝炎リスク、糖尿病リスク、脂質代謝、

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力9 血球

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力10 脂質代謝

それにがんを発見する、5種類の腫瘍マーカーまで出してもらいました。

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力11 腫瘍マーカー

最後にメインの「免疫力」を表す、リンパ球の内訳、割合、活性です。

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力12 免疫機能

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力13 免疫機能

ちなみにこれ、全30ページくらいあるうちの一部なので、

実際はもっといろいろと情報をもらえます。

 

最後のページ右側が、元となる検査結果で、

検査項目と数値が一覧になったもの。

 

それをわかりやすくイラストと解説をつけて説明したのが、

上記の写真の内容なのです。

ちゃんとわかってもらおうという意識がビシビシ伝わります。

 

普通の健康診断ではこの免疫力の手前、今病気かどうか、で終わってしまいますよね。

 

しかし免疫力を調べることで、このままの生活をしていると、

どんな病気になるリスクが考えられるか、

なったとしてどれだけ戦えるのか、ということがわかります。

 

そして最も大事な、その結果をどうこれからの生活に活かすのか、

そのアドバイスが非常に貴重なものなのです。

 

ということでまずは白血球の内訳

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力14 白血球分画

白血球全体のうちの、

リンパ球が21%

顆粒球が75%(好中球70%+好酸球5%)

ということで、基準値以内ではあるものの、

リンパ球の割合が少ない=交感神経優位

つまり「頑張りすぎ」だとのご指摘。

 

続いてリンパ球の内訳と、その中のB細胞とT細胞の内訳

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力12 免疫機能

CD4/CD8比率が0.9ということで、

攻撃を促進するヘルパーT細胞を、

それを抑える役目のサプレッサーT細胞が上回っています。

これも頑張りすぎで攻撃的になっているのを、なだめられているような状態。

 

そして最後にT細胞、NK細胞の中で、

どれだけの割合がちゃんと働いているかという活性の数値。

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力13 免疫機能

体の中の異物をちゃんと見分けて攻撃する、

CD3+HLADR+ は、 9.5%しかない…

 

つまり私の血液中の白血球の内の21%あるリンパ球、

その内の62%あるT細胞の内の、9.5%が、

異物を見分けて攻撃してくれているだけなのです。

 

これは基準値以内とはいえ、ちょっと少ない数値。

 

そしてNK細胞(ナチュラルキラー細胞)がどれくらい

働けているかという数値のNK活性。

 

なんと基準値未満の6・1%と9.2%という数値。。。

 

NK細胞は、血液中を巡回していて、

ガン細胞などの腫瘍やウイルスを見つけると、

即座に攻撃をする、免疫力にとって大事な細胞です。

 

つまり私の免疫力は、いざ病気になったら苦戦を強いられる、

戦力不足で弱っている状態なのでした。

 

もうニンニク注射でも無理

 

ちなみについ4か月ほど前に、生命保険の見直しの際に受けた、

規定の健康診断では、全く問題なしの健康体、とのことでした。

 

4か月で免疫力が落ちた可能性もないとは言えませんが、

この1年で考えても、急に悪化させる要因は思い当たらず、

おそらく健康体と診断された当時も、同じように低い免疫力だったと思われます。

 

今回も免疫力以外で見ると、基準値に納まった健康体。

調べないとわからないので、今までの生活でいいんだと勘違いしてしまうのです。

 

毎年健康診断を受けているのに、急に病気になるという人が多いのは

この免疫力を詳細に調べていないことも原因にあるのかもしれません。

 

田町アイシークリニック 血液検査 免疫力14 NK細胞

さて問題のNK細胞ですが、

ストレスや睡眠不足、栄養バランスの悪さ、腸内環境の悪化、

カフェインやアルコールの過剰摂取などで、

活性は低下してしまいます。

 

事前のカウンセリングで、普段の私の生活習慣、

睡眠や食事、運動、ストレス状況などを、事細かにお話ししてあり、

そこからピンクの映える野口勇人院長が、

問題点と解決策を考えておいてくださいました。

田町アイシークリニック 野口勇人院長

野口院長による基本は、「食う、寝る、遊ぶ」のバランス。

「寝る」を土台として「食う」と「遊ぶ(=運動)」がバランスを取り合う。

 

非常に真っ当で、シンプルです。

 

でも大事なことというのはそういうことだと思います。

決して自分以外のどこかに裏技や隠された答えみたいなものが

あるわけではないのだと思います。

 

さて、私へのカウンセリングと検査結果を踏まえた、超具体的なアドバイス。

1・ちゃんと寝る (自覚があるくらい睡眠不足でした。。。)

2・毎朝みそ汁を飲む (発酵食品の味噌で腸内環境の改善)

3・コーヒーを1日1~2杯に抑える (5~6杯飲んでました。。。)

4・アレルギー反応を減らす食事改善 (参考サイトを教えて頂きました。)

5・免疫力を高めるサプリメントを1日1/2包摂る (具体名はお問合せください。)

NK細胞の活性の低さに軽くショックの私、

当日から早速実践しています。

 

コーヒーは確かに惰性で飲んでいたところがあり、

自分でもカウンセリングシートに書きながら、

けっこう飲んでるなーと思っていました。

 

量を減らしたことで、一杯のコーヒーを大切に飲むようになりましたし、

朝は果物のスムージーやヨーグルトでしたが、

私がみそ汁を作って家族で飲むようになりました。

 

検査もアドバイスも、あくまで自分が気が付いて変わるための

きっかけだと思います。

 

これは当院でやっていることも同じです。

 

いかに本人が気付いてやる気になるか。

 

そういう意味で、自分の人生を大切に、思い切り生きたいという方には

ぜひおすすめしたい「血液ドック」です。

 

2回に渡る長文お読みいただき、ありがとうございました。

 

旗の台整体院 院長 飯田直毅
旗の台整体院 院長 飯田直毅

 

~~~ お問合せはこちらまで ~~~

<血液ドックにご興味がおありの方はこちら>

■田町アイシークリニック 03-3454-7789

ホームページ→免疫力を計る血液ドックが受けられる田町アイシークリニック

=========================

 東急大井町線/池上線 「旗の台駅」徒歩3分
「荏原町駅」徒歩4分  「長原駅」徒歩10分
素朴な商店街「ふれあいロード」沿い、明るい1階店舗

TEL 0120-517-626『ブログを見て…』とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。

スマートフォンの方は、便利なLine@もご利用ください

Line友だち追加

施術の予約や変更のご連絡、ご相談、24時間いつでもOKです。

ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
=========================

☆Facebookページでブログ更新情報をお知らせしています お気軽に「いいね!」を押してください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ