認知行動療法について学んできました その2

english_book_boy

前回の続きです。

前回は「同じ物事でも認知の過程は人それぞれ

なので、結果として感じ方や考えが変わってくる」

と書きました。


では、そもそも認知行動療法とはどのような時に

使うのかというと

 

行動を変えたい時

 

に使います。


しかし前回書いたように人間には認知するにあたって

「既存の情報に基づいて情報を選択的に取り入れる」

性質がある為、行動を変えるには認知の段階で変える

必要があるのです。

 

これを分かりやすくしたのが、アルバート・エリスが

提唱したABC理論です。ABCはそれぞれ下記のような

意味と流れになっています。


「出来事(Activating event)」

     ↓

「信念(Belief)」

     ↓

「結果(Consequence)」


認知の段階で変えるというのは、真ん中の信念、要は

考え方を変えるという事です。

そうすると出来事自体は変わらなくても、結果である

感じ方や行動が変わってきます。


簡単な例を挙げると、

友人が待ち合わせの時間になっても来ないという場面で、

「ごめん、30分遅れる」と連絡があったとします。

そうした場合、「もっと早く連絡しろ!」とか

「30分も遅れるなんて非常識だ!」と考えた場合、

結果としての感情はおそらく「怒り」でしょう。

 

これを違う考えで「事故ではなくて良かった」と

した場合、結果としての感情は「安心」になります。


実際、これを自分自身で行うのは結構大変です…。

常に自分を客観視する必要がありますから。

 

実践するのであれば、以下の流れで紙に書き出す

のが一番有効ですね。

 

①出来事を書く

②自分がその時に考えた事を書き出す(複数可)

③その考えにどういう感情を抱いたかを書く

④別の視点で違う考えを書く

⑤違う考えにすると感情はどう変わるかを書く

 

大切なこと

 

・出来事が変わらなくても考えは変えられる。

・考えが変わると結果である感情や行動が変わる。


また次回に続きます。

 

杉山

杉山

 

=========================

あなたの「こうなりたい」をサポートする【旗の台整体院】

 東急大井町線/池上線 「旗の台駅」徒歩3分
 「荏原町駅」徒歩4分 「長原駅」徒歩10分
素朴な商店街「ふれあいロード」沿い、明るい1階店舗

TEL 0120-517-626『ブログを見て…』とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。

スマートフォンの方は、便利なLine@もご利用ください

Line友だち追加
施術の予約や変更のご連絡、ご相談、24時間いつでもOKです。

ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
=========================

☆Facebookページでブログ更新情報をお知らせしています

 お気軽に「いいね!」を押してください。

コメントを残す

このページの先頭へ