認知行動療法について学んできました その1

人生を変える幸せの腰痛学校

こんにちは、杉山です。

先日、当院の待合室にも置いてある「人生を変える幸せの腰痛学校」

の著者 伊藤かよこさんのセミナーに参加して、認知行動療法について

学んできました~。

 


学んできました~、とか軽いノリで書いてますが内容はそんな

ポップな感じではありません。

実践的であるからこそ、そんな簡単に身に付くものではない

ということです。

 

学んだ内容を忘れないように、また復習の意味も込めて

このブログにまとめておきます。

 


講義では認知行動療法に入る前に「そもそも認知とは何か?」

について考えます。

はい、この時点で「あ、メンドくさい…」と思ってしまいましたが、

そんなことは顔にも出さずちゃんと考えました。

 


自分の考えとしては

認 → 認識

知 → 知っていること

 

この2つの事から、「物事を認識する時には、その対象を自分の既に

知っている事や記憶でフィルターをかけて捉えること。」としました。

 


では伊藤先生による定義はというと、

「感覚、知覚、記憶など、生体が生得的または経験的に獲得した既存の

情報にもとづいて、外界からの情報を選択的にとり入れ、それを処理して

新しい情報を生体内に蓄積し、さらにはこれを利用して外界に適切な

働きかけを行うための情報処理の過程」とのこと。


……

………まあ、概ね合ってるかなと一瞬思いましたが、決定的な違いがあります。

それは、処理の過程であるということ。

 


分かりやすく言うと

「認知には過程があり、その過程は人それぞれ違うから、同じ物事でも

人それぞれ感じることやその後の行動は変わってくるよ」です。

 


これは、言われれば「そりゃそうだ」なんですが、日常的には

そんな事は意識するはずもなく、割と多くが自分と他者の考え・感情を

同一視してしまいます。

 

自分はこう思うからあの人もこう思うだろう、という風に。

 

ここに自分と他者にずれが生じるのです。

 

大切なこと

 

・同じ物事でも考えていること、感じていることは一人一人違う。

・自分の考えが全てではないと知る。

 


まだこれ認知行動療法の前段階なのですが、量が多いので

続きはまた今度書きます…。

 →認知行動療法について学んできました その2

杉山

杉山

 

=========================

あなたの「こうなりたい」をサポートする【旗の台整体院】

 東急大井町線/池上線 「旗の台駅」徒歩3分
 「荏原町駅」徒歩4分 「長原駅」徒歩10分
素朴な商店街「ふれあいロード」沿い、明るい1階店舗

TEL 0120-517-626『ブログを見て…』とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。

スマートフォンの方は、便利なLine@もご利用ください

Line友だち追加
施術の予約や変更のご連絡、ご相談、24時間いつでもOKです。

ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
=========================

☆Facebookページでブログ更新情報をお知らせしています

 お気軽に「いいね!」を押してください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ