初めての「親子で味噌手作り」体験レポート♪

桶に詰めて6か月待つこんにちは、飯田です。

先日、息子と二人で、初めての「味噌づくり」を体験して参りました。

以前から興味があったので、私が楽しかったのはもちろん、
息子もノリノリで楽しんでくれました。

都会っ子の親であるみなさん、子供の食育の一環に、
一緒に楽しめる味噌づくり、おすすめですよ!

味噌手作りスタート!

手作り味噌スタート

水で手を洗って準備OK
手の常在菌を活かすので、石鹸は使いません。
やるぞー!おー!

米味噌4.5kgの材料はこちら

米味噌の材料

既にゆでてある大豆、米麹、塩、
全て味噌屋さんのこだわりの品。

といってもビニールしかわからん。
袋から出して撮ればよかったですね(汗)

米麹と塩を混ぜてこねる

米麹と塩を混ぜる

米粒がなくなるまで潰します。
これが意外と力仕事で大変なのですが、
息子と二人なのでだいじょうV

大豆を潰す

大豆を潰す

やっと先生に麹OKをもらい、
袋の上から大豆を潰します。

ほんのり納豆のような香りが漂います。

米麹に大豆を投入

大豆と麹を合体

いよいよ味噌に向けて合体です。

ひたすら混ぜてこねる

ひたすら混ぜる

だんだん味噌っぽくなってきました。
父子の常在菌による飯田家の味噌です。

これは愛着がわきますね~

桶につめて完成!

桶に詰めて6か月待つ

用意して頂いた桶に、
味噌を隙間なくぴしっと詰めて完成。

塩を振ってカビ対策し、
木のフタで呼吸できるようにします。

これから約6か月、飯田家の
リビングでじっくり育てます。

なぜリビングで保管?

暑すぎず寒すぎず、人間が生活する
位の常温が、発酵にちょうどいいのと、
家族の笑い声や会話などの、
いいエネルギーがある近くだと、
なぜか美味しい味噌になるんだそう。

なのでケンカが絶えない家族は、
リビングよりキッチンとか寝室がいいかも(笑)

でも一緒に味噌づくりするような家族なら、
きっと大丈夫ですよね。

父子の常在菌による、リビングで共に
育った、まさに手前味噌です。

味噌汁は医者殺し

原佳子先生

今回教えて頂いたのは、
ファスティングマイスターの原佳子先生。

関西を拠点に活動されていて、
味噌作りは味噌屋さんから直接学び、
原料も仕入れてくれているので、
毎回美味しいと大好評だそう。

珍しく東京開催のときに参加できて、
楽しく作れてラッキーでした。

味噌についての知識も学び、
息子もこの体験の後は、味噌汁を
より味わって飲んでいるように思います。

しかし「味噌汁は医者殺し」って
すごいフレーズですよね(笑)

味噌汁を普段から飲んでいれば
健康でいられて医者いらず、ということで、
日本には昔からそういう言葉が色々あるそうです。

日本のいいものを大事に

脳で感じる「美味しい」と、
腸にとっての「美味しい」は、
本来一緒のはずが、色々な情報によって、
だんだんずれてしまうこともあります。

美味しいものを好きなだけ食べてるのに、
身体の調子がよくないぞ、という場合、
魅力的な広告や宣伝で、身体の感覚が
頭で考えることに負けているのかもしれません。

そんなとき、
日本人が昔から食べてきた「味噌」
それも日本の大豆、麹と自分や家族の
常在菌で発酵させた味噌に帰るというのは
なんだかワクワクしてきませんか?

それで体調がよくなるようなら、
自分の身体に合っているということ。

きっと頭でも身体でも「美味しい」という
感覚が、戻ってくると思います。

4.5㎏の味噌は数か月で使ってしまうので、
今度は妻と娘も一緒に手作りしたいな~
と思います♪

父子味噌

 

 

 

 

 

 

飯田

=========================

あなたの「こうなりたい」をサポートする【旗の台整体院】

東急大井町線/池上線 「旗の台駅」徒歩3分
 「荏原町駅」徒歩4分 「長原駅」徒歩10分
素朴な商店街「ふれあいロード」沿い、明るい1階店舗

TEL 0120-517-626『ブログを見て…』とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。

スマートフォンの方は、便利なLine@もご利用ください

Line友だち追加
施術の予約や変更のご連絡、ご相談、24時間いつでもOKです。

ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
=========================

☆Facebookページでブログ更新情報をお知らせしています

?お気軽に「いいね!」を押してください。

コメントを残す

このページの先頭へ