第1回・親子であしづかみ教室を開催しました

2017-07-23 09.38.31

こんにちは、飯田です。

7月23日(日)朝9:30~10:00まで、

当院にて「親子であしづかみ教室」を開催しました。

 

今まで母校の大川カイロプラクティック専門学院や、

当院で、治療家向けに技術や院の運営について講義をしたことは

ありましたが、実は一般の方向けというのは今回がはじめて。

 

数年前から、こういった教室を開催したいなとは

思っていたものの、通常の施術で予約が埋まっていることが多く、

なかなか実際の開催までは至っていませんでした。

 

ですが、この2~3年は特に、院としても、自分自身としても

「なぜ、だれに、何をしたいのか」を考える中で、

「みなさんが人生を思い切り楽しめるようにサポートする」

という目的がはっきりしてきました。

 

そうすると、日々の一対一での施術以外にも、

みなさんが気軽に集まって、身体のこと、心のこと、

社会のこと、いろんな大事なことを一緒になって学べる場でもありたい。

 

そんな欲張った気持ちが強くなってきました(笑)

 

みんなで学びたいテーマは色々あります。

食事、運動、睡眠、姿勢、呼吸、ストレス、痛み、子育て、妊活・・・

 

基本的なことほど大事であり、疎かになっていること。

情報が錯綜して、今みんなが迷い、不安になっていること。

 

なので、私たちがみなさんに何かを教える、

などというおこがましいことではなく、

そのテーマについて、みんなで考えてみましょう、

という場を作りたいと思っています。

 

そんなこんなで、頭の中で妄想を膨らませつつも、

日々の仕事と遊びに追われて(笑)いつの間にか

今年も半分過ぎてしまうわーと思っていたときに参加した、

あしづかみセラピスト養成講座

 

ここで講師の倉先生の熱い想いに触発され、

セミナーの場で、7月までに院内教室を開催します!

と宣言して参りました。

 

そして勢いで7月の院内便りで告知をして、

記念すべき第1回の院内教室が、無事に開催できたのでした。

 

というわけで、テーマは「足」になったのです。

 

開催報告ということでいうと、ここまでが前置きです。

前置きで825文字使うところが私らしいです。

 

何を書いてもとにかく長くなってしまうのですが、

そんな自分も受け入れております。

 

これもアドラー心理学や各種あやしい勉強会によって

自己肯定感がたっぷり高まった成果でしょうか。

 

その辺もそのうち学び場のテーマにしてみたいです。

 

前置きの直後に脱線してしまいましたが、

あしづかみ教室の話に戻ります。

 

この日のメニューはこちら

今日のメニュー

1・あしの大切さ

2・あしのチェック

3・あしづかみセラピー

4・くつのはき方、選び方

 

参加してくださったみなさんは、

当院に通われている方と、そのお子さんたち。

うちの息子もサポートスタッフで連れてきました。

2017-07-23 09.43.43

まずは

1・あしの大切さについて

 

外反母趾、内反小趾、偏平足、浮指、巻き爪、タコなど、

なんのトラブルもないよ、という方のほうが珍しいくらい、

足でお悩みの方は多いです。

 

ご自身で自覚がなくても、毎日みなさんの身体を施術して、

何万本という足の指や足裏の動きをみている私たちからすると、

足指の動きが悪かったり、アーチが少なかったり、

足首の動きが悪い方は非常に多いです。

 

そして足についたクセというのは、足から上の身体全部の

重みを受けているので、足より上の身体のクセよりも、

変わりづらいのです。

 

股関節や骨盤、背骨のカーブや首肩の緊張、腕のねじれ

などのクセは、施術でとれやすく、自分でも意識していけば、

比較的楽に定着していきます。

 

それに比べて、足は施術できっかけは作れても、

ご自身の努力もないと、なかなか変わりづらい。

 

特に大人になってからのクセは、何十年の積み重ねなので、

物理的にも、精神的にもなかなか大変です。

 

お悩みの程度によってはインソールやサポーターといった

道具を必要とするケースもでてきます。

 

でも実は、普段から足指を動かしておくこと、

靴をきちんと選んできちんと履くこと、という

基本的なことをやっておくのが大事で、それだけで予防できるのです。

 

「えーー、そんなこと、学校でも親も教えてくれなかった、、、」

でも今知ったのだから、これからやっていきましょう!

そして愛する我が子にも伝えていきましょう!

 

ということで1・あしの大切さ、のお話しでした。

2017-07-23 09.44.17

さてお次は

2・あしのチェック

 

外反母趾や浮指、タコなどがあるかみてみたり、

足でグーチョキパーができるかをチェックしました。

 

こどもはみんなできるかなーと思ったら、

意外とパーやチョキができない!

今日来てよかったですね~

これからお伝えする「あしづかみセラピー」をやれば、

すぐに動くようになりますよ~

2017-07-23 09.53.00

3・あしづかみセラピー

 

回数は少な目にして、まずは毎日続けられるように。

慣れてきたら回数を増やしていくことをおすすめ。

 

まずは足指を、手で曲げる

自力で曲げる

それを手でサポートする

指を一本ずつ回す

足裏のアーチを作りながら指圧

 

ざっくりいうとこんな感じです。

子供でも覚えられて、できることが大事です。

 

最初の流れが好きで、

やり方を教えてもらう→自分でやってみる→サポートしてもらえる

これは新しいことをスムーズに覚えて修得する流れですよね。

 

考案者の倉先生はそこまで考えておられたのでしょうか。

治療家でありながら、教員免許も持っていて、

スタッフも大勢雇用している先生なので、

きっと教育を意識して組み立てられたのだと思います。さすがです!

 

最後に

4・くつのはき方、選び方

 

ここで私の息子に出番がきました。

常日頃から教えている、くつのはき方を、

みなさんの前で実演してもらいました。

 

甲のマジックテープをはがして足を入れ、

かかとをトンとついて合わせてから、

甲のテープをしっかり留める。

 

まあ簡単。

 

でもこの簡単なことをできてない子も、大人も多いこと。

 

かかとを踏んでつぶしていたり、

つま先から足を入れて、つま先でトントンしたり、

ひもを緩めにしていて、サンダルのように

スポッと履くだけだったり。

 

かくいう私も、数年前に治療家の友人から足の大切さを

学ぶまでは、ひもを解いたり結ぶ時間がもったいないと感じて、

脱ぎ履きのしやすさや、デザインだけで靴を選んでしまっていました。

 

なのでよくわかります。

みなさんの「めんどくさい」気持ち。

 

息子にも娘にも、履き方を口酸っぱく教えていますが、

やはり早く遊びたい!という気持ちや、

お友達がさくっと靴を履いているのをみると、

適当に履きたくなってしまうものです。

 

そんなときは、1・あしの大切さでお話ししたことを、

ぜひ思い出して頂けるとうれしいです。

 

足がしっかりしていれば、姿勢や運動での悩みも

改善がしやすい、でも足に着いたクセを変えるのは

あとあと苦労するものです。

 

そして靴の選び方。

 

靴のはき方がわかっていても、サイズがあっていなかったり、

足を保護できない靴では変なクセがついてしまいます。

 

・かかとを守るヒールカップがしっかりして硬いこと。

・甲で足が前滑りしないように止められること。

・靴を曲げた時に、親指と小指の付け根のラインで曲がること。

・インソールを取り出して足をのせて、つま先に少し余裕があること。

 

この辺を頭に入れて、試し履きをして、

一足の靴を買うのに手間暇をかけることで、

子供にもその大切さを感じてもらえるといいと思います。

 

大人ももちろん一緒です。

サイズは同じでも、メーカーや種類、素材によって

履いた感じは全く違ってきます。

 

デザインが気に入って通販だけで買うのは、

楽で便利かもしれませんが、

今後の人生を考えると、大きな損失ではないでしょうか。

 

子供の上履きも、幼稚園、保育園、小学校など、

一日の中の何時間くらい履いて、どんな活動をするのか、

それぞれだと思います。

 

園や学校側から、どこまで指定と自由度があるかにも

よりますが、足の保護、通気性、歩きやすさなどの

バランスを考えて、選んであげましょう。

 

スタンダードなバレエシューズ型と言われるものでも、

見た目はほぼ一緒でも、ヒールカップのあるなし、

曲がる位置を考えている、いない、

インソールを考えている、いないなど、

全く違ったりします。

 

小学校低学年くらいまでは、だいたい半年で5mmくらい

足が大きくなりますので、それくらいを目安に買い替えてあげましょう。

 

半年しか使えないからちょっとでも安く、と思わずに

造り手の想いがこもった道具に、大事な半年を託そう、

そう思うと、なんだか靴選びが楽しくなってきませんか??

 

―――

 

といった感じで、和やかに30分が終了し、

「足が楽になったー」

「足の体操やってみますー」

といって頂けたので、たぶん喜んで頂けたと思います。

 

日曜の営業前の30分を使ったので、まだ朝10時。

 

このあと子供を連れて、川崎市子供夢パークというところで、

裸足で泥んこ遊びを満喫したら、息子は泥んこに免疫がなく、

ビービー泣いていたのは内緒です。

 

でも後半ちょっと慣れて、さすがの成長ぶりでした。

 

私たちの子供のころに比べて、裸足で泥にまみれたり、

木登りしたりという野性的に遊ぶ機会は激減しているので、

なるべくこういう機会は作っていきたいなと思います。

夢パーク

 

こんな感じで、今後もみなさんと一緒に学べる場を

作っていきますので、「こんなテーマでやってほしい」

ということがありましたら、ぜひ教えてください。

 

次回は、「眠り」がテーマです。

 

「眠り」の教室 ~眠りをデザインしよう~

8月12日(土)18:30~19:30

場所・当院にて

参加費・500円

内容(予定)・「眠る」と「起きる」はセット

      ・自分の「眠り」を考える

      ・我が子に「眠り」を伝える

      ・今日から実践するワーク

 

私自身、色々知識は入っても、なかなか実行に

移して習慣にするまでに至るのが難しいのが睡眠。

 

知識やうんちくをいくら得たところで、

自分の睡眠が今日から変わらなければ意味がない。

 

なので、ちょこっとでも何かが変わるように、

実践できる学びの場にしたいと思います。

 

参加ご希望の方は、お気軽にお電話でもフォームからでも

ご連絡ください!

 

長文お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

飯田

旗の台整体院 院長 飯田直毅

 

 

 

 

=========================
あなたが人生を思い切り楽しめるようにサポートする
【 大川カイロプラクティック旗の台整体院 】

 東急大井町線/池上線 「旗の台駅」徒歩3分
「荏原町駅」徒歩4分  「長原駅」徒歩10分
素朴な商店街「ふれあいロード」沿い、明るい1階店舗

TEL 0120-517-626『ブログを見て…』とお電話ください。
受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。

スマートフォンの方は、便利なLine@もご利用ください

Line友だち追加

施術の予約や変更のご連絡、ご相談、24時間いつでもOKです。

ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。
=========================

☆Facebookページでブログ更新情報をお知らせしています
お気軽に「いいね!」を押してください。

コメントを残す

このページの先頭へ