眼精疲労・目の奥の痛み・ドライアイ

眼精疲労 ドライアイ 目の奥の痛み

大川カイロプラクティック旗の台整体院では、2003年の開院以来、
のべ5万人を超える地元の方々の施術に携わってきました。

その中には、目の奥の痛み、重さ、ドライアイ、眼精疲労
といった症状でお悩みの方も、大勢いらっしゃいます。

病院で特に治療をしてもらえるわけでもなく、
マッサージで首をほぐしたり、市販の目薬を使ってみても
その場しのぎにしかならないのをなんとかしたい。

そう思われる方が当院の施術を受けられて、
改善して喜んでくださることが多いです。

当院の考え方、施術方針について書きましたので、
もしあなたが眼精疲労、疲れ目、目の奥の痛みでお困りでしたら、
ぜひじっくりとお読みください。

 

あなたも、眼精疲労や目の奥の痛みでこんな風にお悩みですか?

□毎日PCに向う仕事で、目が疲れてしんどい...
□長距離運転が多くて、目の奥の方が重いような痛いような...
□まぶたや目の下の涙袋あたりがピクピクけいれんする...
□目の表面が乾いて、目薬に頼る毎日をなんとかしたい...
□病院でドライアイだと言われて...

そんな風にお悩みの方が、当院には大勢いらっしゃっています。

目だけというよりは、肩こりや首こり、頭痛に付随する
ことが多いですが、最近は目の症状が特に気になるという方が
増えてきているように感じます。

私も会社員時代には、目の疲れが酷く、目を開けているだけで
つらいし、目が乾いてボーっとする感じが毎日ありました。

薬局で疲れ目に効くという表示を見ては目薬を買い、
一日に何回も使うのですぐ無くなってしまい、今度は
もっと高い目薬を買う、というようなことをしていました。

でもそれでは根本的な解決にはなりませんよね。

働きすぎなのはわかりますが、一体なぜこんなに
目が疲れてつらいのでしょうか?

 

眼精疲労の原因はいくつかある

先ほど挙げたような症状で、休めば収まるのが疲れ目、
休んでも収まらず慢性的に続くのが眼精疲労といわれます。

原因としてはいくつか指摘されています。

1・長時間のPC作業など、目の酷使、使い過ぎ

テレビやゲーム、携帯電話、スマートフォンなど、
休みなく長時間見つめている間、目はものすごい情報量を
瞬時に脳に送って処理しています。

癒し系の自然の映像や、思わず笑ってしまう面白映像なら
まだいいのでしょうが、経理など細かい数字を扱っていたり、
失敗すると大勢の人に影響を与えてしまうシステムの仕事だったり。

緊張する、ストレスのかかる状況であるほど
まばたきの回数も減ってドライアイになり、目に栄養を与えたり
表面を保護する涙の量が不足して、より疲れがたまります。

2・近視、乱視、老眼や斜視、緑内障、白内障など目の病気

近視や乱視、老眼で、メガネやコンタクトの度が
合っていなかったりすると、ピント調整が通常よりも
大変になるので、それだけ負担が増して疲れます。

ついでにPCの画面に近づいたりして、姿勢が悪くなり
首の付け根の筋肉が固まってきたりすると、肩こりや
首こりもひどくなるので、目の疲れが抜けづらくなります。

ほかにも緑内障、白内障などの影響が出ている場合も
ありますので、一度は眼科の受診をお勧めしています。

3・精神的なストレスの影響

「え?そんなストレスを感じていることはないけど…」
と思われる場合も、もし上記の長時間のPC作業などの
目の酷使があれば、それだけでも充分ストレスになっています。

ストレスは別に悪者ではなく、むしろ適度なストレスは必要で、
それがうまく解消できていれば問題はないのです。

ですが、ストレスが過剰だったり、解消が足りなかったりすると
自律神経の調節機能がうまく働かなくなって、感情が暴走したり
免疫力が下がって病気になったりします。

もし自覚できるくらいのストレスが別にあるようでしたら、
それも眼精疲労やドライアイの原因になっていると思われます。

 

当院ではこうやって、眼精疲労や目の奥の痛みを改善していきます

大きく3つの原因に分けて挙げてみましたが、
思い当たるところはおありでしたでしょうか?

初回のご来院時には、カルテにご記入頂いたうえで
カウンセリングから始めますので、いつからどんな状態で
仕事や生活環境、睡眠についてなどもお聞きし、
原因を探していきます。

特に目の病気が隠れていそうな場合は、整体よりも
まずは病院の治療が必要ですので、しばらく受診して
いないという場合は、眼科を受診してみてください。

次に、身体全体の動きとバランスを検査していきます。

ここで、眼精疲労でお困りの方は、頭の後ろ、首との境目の
あたりの筋肉に強い緊張がみつかることが多かったりします。

目を酷使するうちに、顔~頭の筋肉も緊張して、
より疲れが抜けにくい状態になっているのです。

そして、頭の後ろの緊張をとるためには、そこと連動している、
腰~骨盤の筋肉と関節の緊張をとることも必要だったりします。

そうやって、全身のバランスを整えることで、
目の周りの筋肉の過剰な緊張がゆるみ、
脳から目に向かう神経の流れもよくなっていきます。

数回の施術を続けることで、自律神経の調整機能も整えて、
ストレスを軽減、回復しやすい身体を取り戻していきます。

 

その場の改善だけでなく、いい状態で過ごしていくために

一方、せっかく回復しやすい身体になっても、
また同じような過剰な負担をかける生活をしていては
いずれ同じ症状がでてくる可能性がありますので、
できる範囲から生活習慣も変えていきましょう。

いきなりPC作業を全部やめましょうとか
半分にしましょうというのは無理な話ですから、
本当に小さなことからでいいんです。

仕事の合間に、1分もかからないでできる
体操をやってみましょうとか、そんなところからです。

もちろん、改善の意欲が強く、いろいろできるという
方には、いろいろアドバイスもできます。

PCのモニターや椅子の高さや位置を変えてみようとか、
寝る前に、蒸しタオルと保冷剤を交互に目に乗せたりとか、
できることはいろいろあります。

ただ、さまざまなストレスの原因が全てなくなると
いうことはありませんし、運動も忙しくてたまにしかできない、
そんなときは、予防のメンテナンスに当院をお使いください。

定期的に身体の状態をチェックして、
原因が大きくなる前にケアをしてラクな状態を保って、
仕事に趣味に、子育てに、力を発揮して頂けると思います。

 

このような嬉しい感想を頂いております

K.Iさん
<会社員>
(大田区在住)

「首がだいぶ楽になりました」
(首こりで来院されました)

パソコンに向き合っていることが多いため、首や肩のコリがツラく、特に首が痛いほどコッて耐えられなくなって、こちらに伺うことにしました。何度か施術を受けて、首がだいぶ楽になりました。また、効果的な体操なども教えていただき、自分でも症状を緩和できるようになり、助かっています。

Y.Mさん
<会社員>
(品川区在住)

「ストレス軽減にもなっています」
(肩こりで来院されました)

仕事柄、長時間の電話やパソコン作業が多く、肩こり、腰痛に苦しんでいましたが、こちらの施術で楽になりました。また、家や仕事場でもできる運動を教えて頂けるためとても助かっています。こちらで施術して頂けると楽になることが、ストレス軽減にもなっています。

 

お気軽にご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ